上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ

う~こんにゃくゼリーが発売中止になってしまった…。アル中で頻繁に死ぬ酒はOKで、滅多に死なないこんにゃくゼリーがNGとは…意味が分からない。…梅味が好きだったのに。


さてさて元々は画像処理系と最適化系がメインだったおいらだけど…何かこのブログWeb系のネタばかりだ…。うぅ一度会社でASP.Netとやらを触って、自分のビジネスでもJSFとやらを触るはめになって、、、Webに取り憑かれたかのような今日この頃…。

何はともあれそういう紆余曲折で、JSFとASP.Net二つやって、ふと思った事があるので書いておく。(ASP.Net2.0以降は知らない)

てのは、両方とも状態の保存がコンポーネントだけってのが初学者の変なスタイルを助長してる気がする。てのは、View-Controler部分(コンポーネント)と違いModel部分はそのままでは状態として保存されない。仕方ないので、本来Modelで独立して管理すべき値が次第にView-Controler部分に埋め込まれるようになっていく。普通Model部分が他に移るのは異常な違和感があるので、初学者でも勘のいい人は何かおかしい事に気づく。けど、Modelを別個に保存させる方法を知らないので、それしか道はない。結果、本来Modelの管理する値がView-Controler部分に混ぜ込まれ複雑に絡み合う事になる。JSFにしろASP.NetにしろUIコンポーネントがその重要な要素でUIコンポーネントは特にWebにおけるMVCにおいてレガシーなそれよりもVとCの連携を強化してくれる…はずなんだけど…そもそもそうした使い方をされるとMVCですらなくなってしまう。
ASP.Netを始めたばかりの先輩プログラマが.NetでないASPで組んでた時の方がうまくいってた…と愚痴っていた。その時ははぃ?新しくなって駄目になったの?そんなマンナンライフと思ったけど背景にはこうした部分があるのかも…と思うこの頃。

なお、モデル部分を保存しようとしたらASP.NetならViewStateに、JSFなら保存したいBeanをリクエストスコープにしてマーカアノテーションを付け、それを自作のStateManagerで処理しダミーのコンポーネントに混ぜて保存するといい。ま、どっちにしろ何でこんなんせなあかんの感は否めない…。
ちなみにJSP+JSFに比べてASP.Netの場合、MVCを実践しようとするとコンポーネントとModelの値の連結を毎回やるはめになったと思う(おいらの記憶と理解度では)のでMVCの完成度ではJSFに一票かな…。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ


さっきのJSFの場合、自作のStateManagerにおいて、これまたマーカアノテーションで復元時に呼び出すメソッドや最初のリクエストに呼び出すメソッドを指定出来るようにしておくと吉。リクエストの解析やらで効果を発揮するかも。ちなみに名前はOnPostBackとOnLoadで決まり!(ASP.Netのパクリ!)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © ふらふら技術者の日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。