上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ

開発環境を一新 [2008/04/19 (土)]

パソコンを分解したり何やらかんやらで、ひさびさのブログです…そんなわけでやたら高スペックの新PCでブログを書きますが、人間のスペックは前と同じなので内容は変わらずしょぼしょぼです。

で、おNewのパソコンですが、今回のコンセプトは質より量です。つまり、メモリCPUともクロックは抑えお安くしつつ、コア数や容量を増やしました。なこんなでWindowsは32bit版だとメモリの大部分が無駄になるので64bit版を使っています。VistaBussinessやUltimateの場合CPUは二個までなので、コアも8個までが限界になりますが、サーバ機じゃないのでそこまではしません。64bit版Vistaだとソフトの互換性の問題がありますが、開発がメインのおいらには、ほぼ無関係な話です。(注:追記を参照)

こうしたコンセプトで組んだ理由なんですが、最近のソフトウェアは、複数コアや複数CPU向けに最適化されてきています。また、メモリの低価格化に伴い、なんでもかんでもメモリ上にキャッシュしておいて損は無いという考え方になってきています。で、最悪メモリが足りなくなってページフォルトを頻発して激しく遅くなります。ページフォルトが増えだしたらキャッシュ戦略を中止するとか、そういう事は不可能ではないんですが、まだそうした気を利かしてくれるソフトは少ないようです。

そんなこんなのコンセプトですが当たったようです。以前のXPパソに比べ、glassfishにデプロイしての最終テストがスムーズでいい感じになりました。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ


Vistaの64bit版ですが、外部デバイスの絡まないほとんどの32bitアプリが互換モードで動作するので全然いいんです。

が、腹の立つのがIEです。もちろん、Microsoft製だから当然のように最初から64bit版が提供されています。そして、アドオンがまだどこも対応してないので32bit版も提供されています。普段使うのはFireFoxなので、Flashが動かなくても問題無いので気にせず64bit版を使おうとしました。IEを使うのは、Web開発の際のレンダリングの確認だけです。で、当然のようにIE Developer Toolbarを入れます。無論こっちもMS製です・・・が何故か64bit版では機能しません。MS…64bit化やる気なし…。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サトシ#-|URL [編集]
また拝見させていただきました。
応援ポチッ!
2008/04/19(土) 16:40:42
憂鬱ノッシ#R8jcRYzk|URL [編集]
応援ありがとうございます。
少しでも参考になれば幸いです。
2008/04/20(日) 02:31:57
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © ふらふら技術者の日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。