上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ

最近とかくモテナイ奴がいる!・・・・・・それオイラ…ふえーん!…あの子が恋しいよー!

…て話じゃなく"プログラミング言語"でモテナイ君がいる。・・・それはJava!おいらが思うに理由は幾つかある。まず、恋敵である軟派ボーイのRubyやイケメン.Netの台頭。特にアイドル?ん?アジャイルだっけか?に夢中の若い娘達はRubyの甘い言葉にいちころのよう…。で、あげく比較されJavaおやじくさい…とか堅苦しい…とか。昔はあんなモテモテだったのに!!これじゃまるで危険な香りのチョイ悪おやじC/C++が捨てられた時と同じ!

ま、でもこれは仕方ない。…世代交代ってやつや。それより今のJavaが肝心なのは、昔のC/C++と同じでそれでも自分を必要としてくれる人達といかに生きてくかって事だろう。…が、しかしJavaは諦めが悪い…Ease of Developmentとかなんとかいいだした。おいらは英語が苦手なので意味がよく分からないが、これはきっと"わしはまだまだ現役じゃーっ!"て意味なんだと思う。

男女を問わず言えるけど、生き様がきちんと示せん人はなかなかモテない。硬派一筋だろうがチャラオだろうが、必ず好いてくれる人はいる。けども、硬派で通してきたのが流行に合わせていきなり「Heyオッパッピー」とかいいだすと、一時は人気が出るかもしれんけど、結局はそれで往年のファンまで去ってしまう。

最近のJavaは、もともとの厳格な構造を後回しにして、Rubyとかの効率の高さに浮気してる気がする。なので、おいら的にはJavaはもっと厳格に型システムを強化するとかしてほしかったなぁ…。ま、そんなおいらも最近はJPAとかアノテーションで楽しようと目論んでるので大きな事は言えませんが…。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ


おまけ:それでもnullは治らない。

Null Objectパターンは、そのクラスのオブジェクトがnullかどうかの処理がソースのあちこちにある時に有効です。nullの代わりにその場合の処理を書いたサブクラスを用意してそいつに処理させます。例えば、ゲストユーザの場合にユーザオブジェクトにnullを入れておく仕様にすると、「ようこそ"ゲスト"さん。」のメッセージを出すのに一々nullかどうかチェックしないといけませんし、ゲスト禁止の操作の前にも一々チェックがいります。こうした場合に名前を聞かれたら"ゲスト"を返し禁止操作で例外を投げるユーザのサブクラス、ゲストユーザクラスを用意しておけば、いちいちif文で分岐する必要がありません。

このパターン非常に有効なんですが、決してnullが無くなるわけではありません。うっかりNull Objectを使うべき所で初期化を忘れてnullのままになる場合があります。

思うに、言語レベルでnull禁止クラスやら、nullならこのNullObjectのインスタンスを使うとクラスに指定出来ればなぁ~と思います。そうすればNullObjectパターンはより有用になりますし、メソッドの引数がnullなら型チェックが働かず取り敢えず何でも呼べる変な状況を無くせ型機構自体がより堅固になります。とかく、うっかりミス連発型のおいらにはもってこいの機能…う~んJavaで実装しないかなぁ…。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
サトシ#-|URL [編集]
ちょくちょく拝見しています。
応援ポチッ!
2008/03/27(木) 14:58:15
みんな の プロフィール#-|URL [編集]
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mpfeelg/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2008/03/30(日) 03:04:45
コメントを投稿する

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © ふらふら技術者の日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。