上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ

シェルドレイクの仮説 というのがある。ぶっちゃけインチキ科学な香りが強いんだけど、言われて見るとまぁ当たってる気もしない事もないそんな微妙な感じの仮説…。具体的には…同じ様な発見が殆ど繋がりのない人が同時期に行うんだとか…例えば、ニュートンとライプニッツが微積を同時期に発見したみたいに。まま、ある事なんだけど、え~なんでなんで~と聞かれると、当のシェルドレイクさんは "形の場" とかいう分けの分からない所に逃げていく…。

で、何でかはおいらも分からないけど、実はソフトウェアの世界にも偶然の一致とはとても思えないのが幾つかある。ちなみに、この場合、何かの発見とか言うのでなく、似たようなバグが別々のプロジェクトで同時期に発生している…。シェルドレイクのバグと勝手に命名(ん、これだとシェルドレイクって製品のバグみたい…笑)。…特に CSS や JavaScript でのブラウザのバグの原因を追跡していると異常なくらい多い。

  • Gecko [Bugzilla241518] と IE [kb890900]

    DOM で使用される XPCOM(Gecko) や ActiveX(IE) の Shared Pointer 方式のメモリ管理、そして JavaScript で使用される Gerbage Collecter 方式のメモリ管理、どちらも双方の相性の悪さを考慮せずに作られバグになっている。

  • WebKit525-530 と Opera8.54-9.27 の shrink-to-fit 内の浮動体

    shrink-to-fit要素の始まり → インライン要素 → 空白類文字 → 浮動体+ → shrink-to-fit要素の終わり の順で並べると、shrink-to-fit の幅は正しく取られるものの、実際の流し込みで最後の浮動体が shrink-to-fit 内にギリギリ入りきらず、下にずれるので、変な隙間が出来てしまう。(追記にコードとスクリーンショット)

まだ一つ目は、あ~みんなここは間違うよね…で済むんだけども、二つ目はちょっとビックリ。何か CSS の過去の仕様が原因か?とも思い W3C を訪ねてみるものの、特にそれらしきものも無い。ん~不思議だ…。

役に立ったらぽちっとよろしく。 人気ブログランキングへ

続きを読む »

スポンサーサイト
Copyright © ふらふら技術者の日記 All Rights Reserved.
Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。